こんにちはニコゆるのば です。

昨日は調布市市民プラザ あくろす で開催された
誕生学グループ コーラルさん主催の
「帝王切開ママのお話会」に参加してきました。

進行は帝王切開カウンセラーでもあり、誕生学アドバイザーでもある
細田恭子さん。

今、帝王切開での出産率は倍増していて
5人に1人のお母さんが帝王切開で子どもを授かっていると言われています。

それでも経膣分娩に比べて情報が圧倒的に少なく
かつネガティブな印象を持たれがちな帝王切開という産み方。

「誰にでもおこりうることだから知っておいてほしい。」

ご自分の3度の帝王切開の経験から
全国の帝王切開ママの心に寄り添いサポートし続けている
細田さんの熱い思いで開催されているこの講座。



小児科医・助産師・経験者の三者の視点から
日本初の本格的帝王切開ガイド
「ママのための帝王切開の本」
も出版されています。

正直、この本が当時の私の手にあったら
どんなに気持ちが楽だっただろうな〜と思いました。

6年前、私自身も帝王切開で娘を授かりました。
理由は、骨盤位(逆子)のため。
妊娠後期は2週に1回の定期検診で
「まだ逆子ちゃんのままですね〜」と言われる度に、ため息が・・・。

逆子体操・お灸・声掛け・外回転術(お腹を押して胎児の向きを変える手法)と
あらゆる手段を行ないましたが
どーにも頑固ちゃんだった娘は、私の骨盤にすっぽりとお尻がはまったまま
全く動くことはなく。

最終的に開腹手術の日取りが決まったときも
出産の喜びよりも、自分の身体に何が起きるのか?という
不安のほうが大きかった記憶があります。

今まで「安産のために」心がけてきたことが
全部ムダだったの?って喪失感や

がんばって42.195キロ目指して走ってたのに
最後40キロぐらいのとこでゴールまで運ばれちゃったような

なんとも言えないモヤモヤが頭の中に渦を巻いていました。

とはいえ、我が子に初めて会えたときは
嬉しくて可愛くて、人生最高!!って思いながら
ここまで必死に子育てしてきたので
出産を振り返る、ということも今までほとんど無かったような。
あえて避けていただけかもしれません。

だって私の出産って

お腹が張り気味だったので年末から管理入院し
そのまま出産日を迎え
「陣痛」というものも未経験。

「いきむ」とか「立ち会い」とかも、もー関係なかったので
経産婦なのに知らないことがいっぱい・・・

というコンプレックスが私の中にはあるんだな、ということに
今回のお産の振り返りの中で気づきました。

改めて、言葉にすることで
何が自分の中で引っかかっていたのかが分かって

やっと一歩前進できた気がします。

今回の参加者は4名。
少人数なのは
時間を取って、それぞれがじっくり振り返りをできるようにという
ありがたいご配慮です。

皆さん、それぞれがそれぞれに
色んな思いやエピソードを言葉にすることで
新しい気づきと知識を得た時間でした。



ランチは、染地のかふぇ悠遊さんからの
デリバリーの酵素玄米のお弁当。
優しい味で心とお腹も大満足でした。

後半は、帝王切開に関するミニ講座。

手術のスケジュール・バースプランや医師への確認事項

術後のこと・傷についてのこと

次の妊娠について

偏見について・掛けられた悲しい言葉・うれしい言葉


など、知りたかったことや
そうだったんだ〜!?というお話を
沢山お伺いできました。

家族や友人からの何気ない一言で

産後うつになってしまったり
赤ちゃんと向き合えなかったり

10年も20年も心に傷が残ったままの方もいらっしゃるそうです。

人の痛みが分かるって本当に大事です。
そのためには、知ること、きちんと向き合うこと。

「産み方」ではなく「育て方」

心に刻みました。

お産の振り返り・お話会は定期的に開催されているそうですので
もしご興味ある方がいらしたら
こちらも是非ご覧になってみてくださいね。

帝王切開カウンセラー 細田さんのブログくもといっしょに

ゆるのば でした。


キラキラゆるのば〜おうちでタイ式&ハーブボールマッサージ キラキラ

 まるまるまる子育て中でも安心の、出張ボディケアまるまるまる

まるご予約・お問い合わせは HPでまる→ 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

人気ブログランキング

にほんブログ村

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM